スペイン語からのフランス語学習

Vosotros なんて使いますか?

さてスペイン語を使ったことがある方、現在使われている方に質問です。二人称複数の主格代名詞、「きみたちは」を表す vosotros という単語、あるいはその動詞の活用を使われることはありますか?

ラテンアメリカではあまり使われず、スペインでは使われる、と読んだことがありますが、筆者はスペインには1週間行っただけです。その他は通算すると2年8ヶ月とちょっと中南米で仕事をしていたせいか、この活用形を使った記憶はほとんどありません。常に

ustedes

(意味的には「あなたたち」で2人称だけど活用は3人称)を使っていました。また、読者の中にはあまり親しい人がいなくて(失礼)、2人称単数の tú も使われない方もおいでになるかもしれません。

ちなみにこの tú はフランス語でもまったく同じで(フランス語のスペルはアクセントが付かずに tu ですが)、親しい、気安い間柄でのみ使われる表現です。そしてスペイン語で「tú を使って話す」という意味の動詞で

tutear

というものがありますが、フランス語にも

tutoyer

という言葉があるようです。

さて、tu は共通するのでよしとして、問題は二人称の複数、スペイン語なら

vosotros

フランス語なら

vous

です。これも見かけは似ていますから同じ意味かと思いきや…。

スペイン語は親しい間柄の二人称で使われるのに対して、フランス語ではスペイン語の usted と ustedes 両方とそしてもちろん vosotros の意味を vous は持っています。

歴史的に見てどうしてこうなったのかは知りませんが、まあそうなっているものは仕方がありません。「どうせ使わないんだから」とたかをくくってきちんと覚えなかった二人称複数の活用も、フランス語ではしっかりとやらなくてはなりません・・・。

ちなみに筆者がいた中米の国ホンジュラスでは、tú よりももっと砕けた表現で「お前」みたいな感じで

vos

という言葉を使っていました。これならフランス語の vous にも似ていますね。オックスフォードの英西辞典を引くと、vos は中央アメリカの表現としてちゃんと載っていました。こうした表現は国や地方によってそれぞれ異なったものがあるようです。


Sponsored Link
Copyright© スペイン語から学ぶフランス語. All rights reserved.